ハードディスク

知識も技術も不要

失われてしまったデータの復旧には知識も技術も求められますが、専門業者に依頼すれば一切不要です。必要なファイルが何かさえわかっていれば十分で、ハードを渡して依頼をするだけで可能な限りのデータを復旧してもらえます。
ハードディスク

業者依頼は確実性が高い

データ復旧は自前で対応するよりもプロの業者に依頼したほうが確実性が高いので安心です。ミスをすると二度と復旧できない状況になる可能性があるため、ノウハウのあるプロに依頼して正しく対応してもらいましょう。
パソコン修理

不具合が多くなる時期

IT革命からの流れの中でハードディスクの更新がおこなわれなくなり、ハードディスクが寿命になる時期が来たのがデータ復旧サービスが注目されている理由です。一斉にそのタイミングが来たために大きな話題になっています。
パソコン修理

どんな状況でも依頼できる

プロによるデータ復旧サービスは原因や状態によらずに失われてしまったデータを柔軟な対応によって復旧するのが特徴です。物理的に不可能な状況にならない限りは高い確率で復元できるので、まずは相談してみましょう。
PC操作

記録媒体が壊れた時

持ち運べる情報端末が増えたことで仕事の効率が上がりましたが、外出先で持ち歩くことで故障リスクもまた増えているのです。壊れた端末は使えないのですが貴重なデータがあるときには、別の端末に復旧ソフトをインストールすることで元に戻すことができます。

寿命を迎えた媒体の救い方

パソコン修理

ファイルの取り出し方の安全性

HDDやSSDに保管していたはずのファイルの一部が消失していると感じたら、すぐにでも記録媒体を取り出してデータ復旧サービスについて調べる事をおすすめします。小さなファイルがエラーで消えただけだから問題ないと考えていると、他の大きなファイルまで急に消えてしまう場合もあるために、大丈夫なはずだと考えるのは危険です。調子が悪くなったHDDやSSDもパソコンを再起動すれば直ると考えてしまう人もいますが、電源のONとOFFを繰り返す事によってエラーが増える事も珍しくありません。専門知識を持っているデータ復旧サービスのスタッフなら、電源のONとOFFの回数をなるべく減らしながらファイルを取り出すといった、安全を第一に考えた対処法を選んでくれます。記録媒体そのものに問題が起きているのではなく、SATAケーブルなどが損傷しているのではないか疑うといった、多くの原因から対処法を見つけてくれるのもデータ復旧サービスの魅力です。専門知識がなければ対処法が分からないだけでなく、間違った対処法を選んで記録媒体のダメージが深刻化する可能性もありますから、気になるエラーが発生した段階で専門家を頼ってください。どのファイルを取り出したいのか具体的に覚えていない場合でも、専門家にアドバイスを求めるだけで取り出すべき範囲を特定できる場合もあります。一人でデータ復旧の方法を考えるのは一番危険な行為ですから、エラーの内容に合わせて取り出し方を決めるためにも、まずは専門家に調査を依頼してください。

Copyright© 2021 記録メディアを大事に扱いながらデータを保管する方法 All Rights Reserved.