不具合が多くなる時期

パソコン修理

時期的にニーズが高くなる

多くの企業でデータ復旧サービスに注目して依頼を出すようになったのは理由があります。時期的にこのくらいのタイミングでハードディスクが損耗してしまい、クラッシュを起こすと考えられるからです。ハードディスクはずっと動かしていると3年くらいしかもたない場合が多いですが、仕事で日常的に使っているケースでも5年くらいが限界という場合がほとんどです。IT革命が始まった頃からOSのアップデートが続き、データの肥大化が進んでいました。そのため、寿命になる前に買い替えなければ容量が足りないという状況が続いていました。しかし、近年になってようやくサイズが急速に大きくなることがなくなり、容量が不足するケースでは外付けハードディスクを使うことが多くなっています。その状況になってから5年ほど経過したため、多くの現場でハードディスクの寿命がやってきているのです。すると、バックアップを取っていなかったデータの復旧が必要になります。さらにバックアップ用に使っていたハードディスクの寿命も来てしまい、そこからの復旧も求められるようになっているのが現状です。莫大な数のデータ復旧を必要としている現場も多く、まとめて対応してくれる専門業者によるサービスが注目されています。時期的にどの企業も同じタイミングでデータ復旧の必要性が高まったことから、サービスもメディアで話題になりました。結果として利用が促進されて、より注目度が高まっています。

Copyright© 2021 記録メディアを大事に扱いながらデータを保管する方法 All Rights Reserved.