業者依頼は確実性が高い

ハードディスク

確実性を重視しよう

データ復旧をするときには自前でやろうと考えるかもしれませんが、失敗のリスクがあることには注意が必要です。データ復旧ソフトを使って失われてしまったデータを元に戻す試みはよくおこなわれています。簡単なケースではソフトを使えば自前で難なく復旧できることもありますが、状況によっては失敗したというエラーメッセージが出てしまうでしょう。失敗したときにはディスクの状況が変わっている場合も多く、そこからプロの業者に依頼して復旧してもらおうとしても困難になるリスクがあります。そのため、最初からプロに依頼してしまったほうが安心です。業者に依頼する方法は確実性が高いのが最大のメリットです。単純に専用のソフトを使ってデータを元に戻そうとするのではなく、ディスクの内部を見てどのような状況かを確認してから作業を始めます。下手にデータが書き換わってしまうともう元に戻せなくなる可能性があるので、石橋を叩いて渡るようにして作業をしてくれるのです。そのため、かなり複雑なケースだったとしても高い確率で目的のデータを復旧してくれます。断片化してしまっているデータに対して正しく対応して復旧するにはノウハウが必要です。十分な経験があって信用できる業者に依頼するときっと貴重なデータを取り戻せます。とりあえず自分でやってみようと考えてしまったために取り返しのつかないことになるケースも多々あるので、困ったときにはすぐに業者に依頼するのが賢明な判断です。

Copyright© 2021 記録メディアを大事に扱いながらデータを保管する方法 All Rights Reserved.