どんな状況でも依頼できる

パソコン修理

原因や状態によらないサービス

ハードディスクやスマートフォンからデータが失われてしまう原因にはさまざまなものがあります。停電でハードディスクが壊れた、スマートフォンを水没させてしまった、ファイルを間違って消してしまったといった例が典型的です。また、原因によってハード側の状態にもいろいろなケースが考えられます。電源が入らない状態のこともあれば、通常通り使えることもあるでしょう。物理的に破損しているケースもあるかもしれません。このような多様な状況に対して柔軟に対応してデータ復旧をしてくれるのが専門業者のサービスです。専門業者ではハードディスクを代表とする記録メディアから情報を元通りの姿で取り出すことを仕事としています。そのノウハウは幅広く、ディスク自体が壊れていても無事な部分だけつなぎ合わせて修復することすらできます。そのため、原因が何だったとしても物理的に修復が可能なデータを見つけ出して復旧してくれるのが特徴です。パソコンから認識されなくなったハードディスクやプレーヤーで動かせなくなったDVDからでもデータを復旧しているケースがよくあります。自分ではどうしようもない状況だったとしても無事に復元される可能性があるので相談してみましょう。ただし、物理的にもうデータとして判別されない状況になってしまっている場合には復旧は不可能です。しかし、プロの業者に依頼する方法は高い確率でさまざまなデータを元通りにできる信頼性の高い対策です。

Copyright© 2021 記録メディアを大事に扱いながらデータを保管する方法 All Rights Reserved.